So-net無料ブログ作成
検索選択

ホワイトデーのお返し 義理チョコの場合はどうする? [年中行事]

バレンタインデーにチョコレートを貰った人も多いと思うけど
明らかにそれが義理チョコだと分かっている場合

ホワイトデーでそのお返しをするべきなのか?
もしくは、しなくても良いのか?

というところで悩んでいる人も結構いるかもね。


そもそも、バレンタインデーというのは
女性が好きな男性にチョコレートをあげるというもの。

そこに、義理チョコなんていうものが存在するから
事態は妙なことになっていくのだ。

でも、義理チョコをあげるという習慣が
これほどまでに広まったのは何故なんだろう?


スポンサードリンク


バレンタインデーは菓子メーカーの策略?


現在のバレンタインデーというものは
明らかに菓子メーカーの策略だよね。

バレンタインデーというのは元々キリスト教の祝日で
バレンタイン(バレンティヌス)という聖人を称える日だったみたい。

それがいつの間にかバレンタインデーは男女の恋愛の日となる。
でも、そうなったのはけっこう古くて、15世紀頃らしい。

だから、バレンタインデーそのものには歴史があるのだ。

教会

でも、現在ではバレンタインデーは
キリスト教の正式な聖日ではない。

それどころか、このバレンタインという人物は
実際には存在しない架空の人物らしいね。

でも、男女の恋愛の日という風習は根強く残ったみたい。


そこに目を付けたある菓子メーカーが
バレンタインデーは女性が愛を告白しても良い日にしたわけ。

つまり、チョコレートをあげるという行為によってね。



義理チョコの習慣は自然発生的?


日本でもバレンタインデーはすっかり根付いてしまった。
菓子メーカーはこの時期には相当な売り上げが期待できる。

まあ、それはそれで良いとして
義理チョコも菓子メーカーの策略なのだろうか?

もしかしたらそうなのかも知れないけど
私は、義理チョコは女性たちの間で
自然的に発生した習慣のように思えるんだよね。

「女性が好きな男性にチョコレートを贈る」ということを
拡大して解釈すれば

母親が自分の息子に贈っても
仲の良い友人である男性に贈っても
職場で一緒に仕事をしている男性に贈ってもイイじゃん!

ということ。

バレンタインデー

女性たちの愛に応えよう


というわけで、私は義理チョコを女性たちの
大きな愛の表れとして理解している。

だから、義理チョコを貰ったら
その大いなる愛に応えてあげるべきだよね。

でも、世の男たちはそういうことには不器用なので
どうしたら良いのか分からない。

そこにまたしても菓子メーカーが救いの手を差し伸べる。

「バレンタインにチョコを貰ったらなら
ホワイトデーにお菓子を返しましょう!」とね。


まあ、ここは素直にお菓子でも返してあげたら?

それで世の中の男女の関係が上手く行くのなら
それでイイんじゃないの・・・

スポンサードリンク




共通テーマ:恋愛・結婚

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。